目は全てを物語ると聞いたので調査してみました

皆様、いつもブログ記事をご覧頂きほんまにありがとうございます。

KMT NETWORK代表のいもざむらいこと岡 祐輔です。

実は、電子書籍で個人の知識を改革してきた事業を運営しておりますが、動画+ブログ記事の運営もしております。

本題に入る前に、事業のご紹介ということで下記バナーを貼り付けておきますので、気になった方は覗いてみてください。



で、話を戻しますが今回の題材はこちら!!

目は口ほどにモノを言うは本当なのか?目は全てを物語る

ということで、人体に関するこのようなネタを動画+ブログ記事にしましたのでご紹介いたします。

KMT NETWORK 広告

■第一章-目は全てを物語ると聞いたので調査した動画はこちら



KMT NETWORK 広告

第二章-人間の心理状態は人体の一部から伝わる

私たちの身体には普段何となく過ごしていると、知ることのない面白いメカニズムが沢山隠れています。

そこで今回は、身体にまつわる雑学についてご紹介していきます。ちなみに他の雑学記事もご覧いただければ幸いです。

上記のブログ記事も、人間の心理的特徴やビジネスにおける最強の雑学となっておりますので、大変面白いかと思います。

話を戻しまして、本題に入っていきたいと思います。

KMT NETWORK 広告

■第三章-目は口以上に語っている!?

『目は口ほどにモノを言う』とは良く耳にしますが、皆さんは本当だと思いますか。私は、大変よくできた文言だなと感じます。しかも大人になればなるほど。

実際には、『目が据わる』『目が泳ぐ』など、目にまつわる言葉は多く存在します。

そして、『NLP心理学』と呼ばれる1970年代にアメリカで誕生した、人間心理とコミュニケーションに関する研究では、

アイ・アクセンシング・キュー

と呼ばれる、目の動きで相手の考えていることを知るテクニックが存在しています。

例えば、過去の事を思い出すとき眼球は左上を向き、未来の事を想像している時は右上に動くなどの傾向が見られるのだそうです。

つまり、右上を見ながら過去の事を語っている場合は、この場を乗り切った未来を想像しながら話している、つまり『嘘』をついていると言えるテクニックです。

この目に関する研究はNLP心理学意外にもあります。

あなたが目を見つめて話をしているのに目をそらしてくる場合は、単純に『恥ずかしい』と感じている時と『警戒心』を持っている2パターンが存在します。

逆に目を見つめてくる場合は基本的に好意を持っているが、あまりに長い間見つめてくる場合は、あなた自身を支配したい騙したいと考えている場合もあるので注意が必要です。

目が真上を向いているときは、一生懸命考えをまとめているときです。もしあなたが質問をした場合に、相手の目がそのような動きをした場合には少し待ってあげてください。何かしらをまとめて何か話してくれるかもしれませんね。

ですが一点だけ注意が必要で、誤魔化そうと考えている時にも目は上を向くそうなので、そこは見極めが肝心です。

そして、目本体の動きだけではなくまばたきも多くを語っています。

例えば、話している相手のまばたきが異様に多いと感じたことはありませんか。これは、緊張や不安を感じているときに出やすいそうで、こちらの威圧的な態度に不安を覚えている場合ウソを言っているのでバレないかと緊張している時などが考えられます。

仮に相手を観察する際は、どちらか見極めながら使ってください。

■最終章-本ブログ記事のまとめ

いかがだったでしょうか。また、いくつ当てはまる項目がありましたでしょうか。

自分自身は勿論、今目の前にいる人の目の動きを見て考えていることがわかるとすると、確かに目は口以上に多くを語っていることがわかりますね。

しかし、アイコンタクトだけで会話する世界は悲しいので、大事なことは是非口に出して伝えるようにしてみてください。

最後まで、記事を読んでいただきありがとうございました。

KMT NETWORKよりお知らせ

KMT NETWORKでは、YouTube+ブログでの情報発信以外にも、様々な事業を展開しております。詳しくは、公式HPや各バナーをクリックして頂き、ご覧頂ければ幸いです。

公式LINEなども配信+運営中でございます。是非追加して、あなたも電子書籍制作者になりませんか。月額制の電子書籍制作コンサルもしておりますので、お気軽にご相談ください。


最新情報をチェックしよう!
>KMT NETWORK Blog

KMT NETWORK Blog

様々なノウハウを様々な記事に

CTR IMG