雑学記事-脅威の力!1500万度の高温を持つ太陽は燃えていない!?

皆様、当ブログ(KMT NETWORKのブログ)をご覧いただきましてほんまに感謝しております。

運営者のKMT NETWORK代表のいもざむらいこと岡祐輔と申します。

実は、電子書籍で個人の知識を改革してきた事業を運営しておりますが、動画+ブログ記事の運営もしております。

本題に入る前に、事業のご紹介ということで下記バナーを貼り付けておきますので、気になった方は覗いてみてください。



で、話は戻りますが今回の題材はこちら!!

脅威の力!1500万度もの高温を持つ太陽は燃えているのか!?

といった題材で話を進めていこうかと思います。

KMT NETWORK 広告

■1500万度もの高温を持つ太陽は燃えているのか!?動画はこちら


KMT NETWORK 広告

■第一章-宇宙は数多くの謎でいっぱいな件


我々の住む地球の外『宇宙』は未だ解明されていない事が無数に存在する未知の空間が広がっています。

この魅力溢れる空間に魅了された多くの科学者が長年研究を続け、少しづつではありますが謎が解き明かされてきました。

今回は、そんな不思議な世界のちょっとした雑学をご紹介しようというわけです。

ちなみに、前回はこんな似たような雑学記事を配信させていただいております。

ぜひ、こちらの記事も読んでいただけると幸いです。では、さらに話を進めていきましょう。

KMT NETWORK 広告

■第二章-太陽の脅威の力


私たちの住む地球を照らす太陽のことを、皆さんはどれくらい知っていますか。

わ、私は勿論!知っていますよ!太陽のこと!!えぇ。勿論!

まず、太陽は地球の実に33万倍の重さを持っており、その重さは1,988じょもあります。(じょ、とは重量の単位)

この重さを、もっとわかりやすく伝えれば、

太陽系の中で2番目に重いとされている木星でさえ、太陽の1047分の1の重さしかありません。

太陽系の実に99.86%を太陽が占めているのです。こりゃぁ太陽系と名のつく由来もわかりますね。本当に偉大です。

この太陽は、46億年前に誕生したと言われており今もなお、煌々と眩い光を放っております。

しかし、実は太陽は燃えている訳ではありません。これにはびっくりした方も多いのではないでしょうか。

まず、太陽の温度は約1500万度と超高温です。

水が沸騰するのが100度鉄が溶ける温度が1500度

という点を考えると、かなりの高温やんということがわかります。

ここまで高温だと何かが燃えていると考えてもおかしくありません。ですが、物質が燃えるときに欠かせないものがあるのはご存知でしょうか、皆様。

答えは、酸素

これがないと何も始まりませんし、物質が燃えることもありません。

しかし、太陽の周りの宇宙空間には、この酸素がほとんど存在しない訳です。

じゃあ、あのオレンジ色や真っ赤に『燃える』太陽はどのようにして高熱を発しているのか。

それには太陽の内部で発生している『核融合』が大きく関係しています。

我々、人間や花、そして太陽の主成分となっている水素も宇宙空間にあるすべての物質は目に見えない小さな原子の粒子からできています。

この核同士が激しくぶつかり合う事でより大きな元素になっていきます。

この動きを『核融合反応』と言い、反応が起こる際には非常に大きなエネルギーを生み出します。

太陽の中心では、想像を遥かに超える量の水素エネルギーがぶつかり合い、ヘリウムガスが作られています。

そうして生み出されたエネルギーの一部が熱となり、そして我々に目にする光となっているのです。

ちなみに先ほど説明した1500万度の熱は小さなピンを地球上に置いただけで、そのピンを中心とした半径1600kmの人間が消滅すると言われております。

恐ろしい力ですわ、本当に。

■最終章-本記事のまとめ

我々の生活に欠かせない光と熱を生み出している太陽にはまだまだ知られていない事がたくさんあります。

毎日、目にしていながらその距離が少しでも近づくと、1500万度の高温と膨大なエネルギーを生み出している核融合反応の為、私たち人間は死滅してしまいます。

つまり、この地球と太陽の距離は奇跡の距離と言えるでしょう。

宇宙の神秘には感謝しかありませんね。

ご視聴&記事の閲覧ありがとうございました。

■KMT NETWORKよりお知らせ

KMT NETWORKでは、YouTube+ブログでの情報発信以外にも、様々な事業を展開しております。詳しくは、公式HPや各バナーをクリックして頂き、ご覧頂ければ幸いです。

公式LINEなども配信+運営中でございます。是非追加して、あなたも電子書籍制作者になりませんか。月額制の電子書籍制作コンサルもしておりますので、お気軽にご相談ください。


最新情報をチェックしよう!
>KMT NETWORK Blog

KMT NETWORK Blog

様々なノウハウを様々な記事に

CTR IMG