多重債務って何?キャッシング利用での多重債務とは!?

知識・金融ビジネス-簡単な金融リテラシーを身につける
KMT NETWORK 広告

■-KMT NETWORK-総合情報部が様々な情報を記事にします

KMT NETWORK-オフィシャルブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

オフィシャルブログページでは、KMT NETWORK-広報部+KMT NETWORK-総合情報部が運営を行い、HP内ブログではお伝えできない、知識改革を最大化にする情報を発信しております。

最新ニュース記事や雑学・書籍の情報などは、Instagramを中心に、SNSでも情報発信を行なっておりますので、そちらも併せてご確認ください。


KMT NETWORK 広告

■-KMT NETWORKの公式LINEを追加しよう

KMT NETWORK最新情報を随時配信中です。上記バナーを✔️

KMT NETWORK 広告

■-KMT NETWORKで電子書籍の出版をしよう

世界に一つのあなただけの書籍をKMT NETWORKで出版しよう

KMT NETWORK 広告

■-本記事のブログテーマはこちら

多重債務って何??キャッシング利用増加で多重債務者続出!ポイントを抑えよう

✔️キャッシングと多重債務

というブログテーマで話を進めてまいります。

結論から言いますが、、

✔️多重債務は誰にでも起こり得ます

ええええ!多重債務なんて聞いた事がないよう!!と、ならない為に、、、

少し長くなってしまいますが、非常に重要な記事だと思いますので、是非読んでみてください。

ちなみに、新社会人や大学生活が始まるのに合わせて、クレジットカードを持つ機会も増える事でしょう。魔法のカードという反面、地獄行きのカードでもあります。

記事を書いている私自身、クレジットカード(特にキャッシング)に関しては、非常に苦い経験をしてきました。皆様はそうならないためにも、少しずつ勉強をしていきましょう。

今回も、目次でも表示しますが、キャッシングの多重債務についてから、多重債務者にならない為になどの記事構成で作成しています。

では、本題へ入っていきましょう。

KMT NETWORK 広告

■第1章-キャッシングの多重債務について

知識・金融ビジネス-簡単な金融リテラシーを身につける

多重債務は、キャッシングを利用している人なら誰でもなりかねないものです。

キャッシングとは、一般的には、金融機関が個人に対して行う現金自動預払機による小口金融を指します。銀行だけでなく、消費者金融やクレジット会社などの金融機関が、個人ないし法人に融資を行うことを総称して

✔️キャッシング

と言います。

そして、多重債務になってしまう人は、年を追う毎に増えているようです。では、多重債務とはどのような状況を指す言葉なのでしょうか。

1社からの借入では足りず、複数社からお金を借りていて返済しきれないとなると、

✔️多重債務

です。

所謂、目先の返済日の金銭を調達するために、別の他社から借り入れるというスタイルの方が大勢いるのです。ですから多重債務とは、いくつものキャッシング会社からお金を借り、それが返済できなくなっていると覚えていただければ問題ありません。

では、どのようにして多重債務となるのでしょうか。

理由は人それぞれありますが、多重債務になった人の中には、急な交通事故病気治療のためにお金が必要でキャッシングを始めたという人もいます。

また、キャッシング融資を受けたきっかけは、ちょっと恋人の前でいい格好がしたくてキャッシングで服を買いそろえたり、ギャンブル資金に使ったりと様々なようです。何回かそれを繰り返すうち、いつの間にか多重債務になっているというわけです。(理由はちょっとしたきっかけなんです)

今や500万人を越える多重債権者がいるという推計もあり、キャッシングの多重債務問題の根の深さが伺えます。

✔️自分はならない

と、思っている方は多いとは思いますが、キャッシングを利用している段階で多重債務の危険性は誰にでもあります。

このように、キャッシング利用の増加で(主にコロナ絡み)多重債務者も増加中です。現金なんて借りないからと思っていても人生何が起こるかわかりません。

もう少し読み進めていきましょう。

■第2章-人間心理!キャッシングでの多重債務になる原因

知識・金融ビジネス-簡単な金融リテラシーを身につける

おっと!なんで少額のキャッシングから多重債務のような状態になってしまうのでしょうか。

この頃、軽い気持ちでキャッシングを使いすぎることで、多重債務になってしまう人がいます。インターネットでのキャッシング、、、つまり融資の利用が、どこに居ても出来る時代です。

主に、既に契約をしていて、継続的に会員登録を行うことで利用できる便利なシステムもあります。これにより、カードキャッシングの場合、銀行やコンビニATMにカードを通すことで、手軽にお金を借りることが可能という訳です。

思いがけないタイミングでお金が必要になった時などは、とても便利な存在でもありますが、、。

また、無人契約機のようなキャッシングの申込みができる場所や、インターネットを介してキャッシング手続きができる仕組みもあります。誰とも顔を合わせることも無く、申し込みから融資までを受けることが可能になります。

あまりの便利さから借金をしているという意識が薄くなりがちです。実際には借金であり、借りたお金は返済をしなければなりません。

故にキャッシングは、

✔️お金を借りているという意識が大変低い

ものです。

無計画な利用によって、カード破産多重債務者が年々増加していることも問題視されています。インターネットで手軽に融資が受けられるため、何度も借りてしまうと、直に返済が難しくなってしまいます。

返済の為にあたらしいカードやキャッシングの申し込みをして多重債務者となるケースも少なくありません。

キャッシングはできるだけ早く現金を得る手段としてはとても簡単で優れていますが、使う時は多重債務にならないように気を配る必要があります。

ざっと書きましたが、上記の内容が理由です。意外と簡単に沼にハマってしまうのです。

■第3章-キャッシングで多重債務にならない為の方法とは

知識・金融ビジネス-簡単な金融リテラシーを身につける

しかし、キャッシングの利用をする日が来るかも知れませんので、このような情報も最後にお伝えしておきます。

キャッシング用のカードを持っているのであれば、お金を借りていない時でも多重債務の可能性ありと判断される場合があります。

これは、不測の事態が発生し現金が必要になった時でも、キャシングカードがあれば現金を手軽に準備することができる為です。(金融会社から見れば、キャッシング予備軍としてみられる)

キャッシングカードで使っていないものがあったり、クレジットカードのキャッシングサービスが放置されているなら、全ての機能を確認しなおしてみるといいでしょう。

年会費を取っているものは、

✔️解約

すれば得になります。

将来的に何かあったときの保健の為に持っているケースであっても、マイホームや車などの大きな買い物をする際のローンの審査影響がある場合があるとされています。

今はお金を借りていないという人でも、審査を済ませたキャッシングカードを持っているという事実が、多重債務の可能性と判断されてしまうこともあるのです。カードローンやネットキャッシングなど、手軽に融資を受けられるカードの管理は慎重に行うようにしましょう。

従来のキャッシングが、法律が変わったことによって新しく借入ができなくなってしまうこともあります。新たな借り入れが出来ずに大変な思いをしている多重債務者増加しているようです。

これにより、多重債務で返済が難しくなった人が、相談窓口で窮状を訴えているという話は珍しくありません。多重債務になってしまったことを誰にも話すことができず、適切な対処の仕方もわからずに困っている人は多いようです。

✔️キャッシング問題の相談窓口

などに多重債務の問題を相談し、適切な対応を見つけることが、取り返しのつかない事態を防ぐ方法の一つでもあります。

司法書士法人弁護士事務所消費者庁などでも、これらの金融トラブルの相談窓口を無料開放しているところもあります。プロの力を借りることも重要です。

しかし、多重債務になる前に相談しなければなりません。一社での返済が厳しくなりそうであれば、早めに相談することをお勧めします。

■最終章-本記事のまとめ

知識・金融ビジネス-簡単な金融リテラシーを身につける

ここまで金融情報の基礎的なお話をしてきました。

✔️多重債務とは

✔️キャッシングと多重債務

✔️多重債務にならない為に

といった構成でお話を進めてきました。

借金はデメリットだけではありません。賢く使えば、

✔️信用力を高めるツール

にもなり得ます。

しかし、勉強しないで闇雲になんて使っていたら、、、、、、、大変恐ろしいことになります!!

引き続き、KMT NETWORKオフィシャルブログで、金融の知識を向上させる取り組みを行いますので、共に勉強していきましょう。

お付き合いありがとうございました

ーKMT NETWORK-総合情報部ー


KMT NETWORK-広報部よりお知らせ

電子書籍制作・出版はKMT NETWORKにお任せ下さい

最近では、終活として自身の自伝を電子書籍で出版される方が大変多くなっております。ご家族、子どもやお孫さんなどに、何か残したい一心で、廃れること、無くなることのないデジタル作品を作りませんか。

また、就職案内用に自社紹介書籍として作成される方も大変多く、KMT NETWORKでも、多くの案件に対応させていただいております。

詳しくは、バナー画像、又は下部「多くの著者を世に創出する」よりお願い致します。

多くの著者を世に創出する-KMT NETWORK

KMT NETWORK-HPはこちらから

KMT NETWORK-HPに移動します

KMT NETWORK-Instagramはこちらから

KMT NETWORK-Instagramに移動します
最新情報をチェックしよう!

知識・金融ビジネスの最新記事8件

>KMT NETWORK Blog

KMT NETWORK Blog

様々なノウハウを様々な記事に

CTR IMG