ランドクルーザー200系の見積もり金額は一体いくらになるのか

KMT NETWORK-総合情報部-情報・趣味
KMT NETWORK 広告

■-KMT NETWORK-総合情報部が様々な情報を記事にします

KMT NETWORK-オフィシャルブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

オフィシャルブログページでは、KMT NETWORK-広報部+KMT NETWORK-総合情報部が運営を行い、HP内ブログではお伝えできない、知識改革を最大化にする情報を発信しております。

最新ニュース記事や雑学・書籍の情報などは、Instagramを中心に、SNSでも情報発信を行なっておりますので、そちらも併せてご確認ください。

KMT NETWORK 広告

■-KMT NETWORKの公式LINEを追加しよう

KMT NETWORK最新情報を随時配信中です。上記バナーを✔️

KMT NETWORK 広告

■-KMT NETWORKで電子書籍の出版をしよう

世界に一つのあなただけの書籍をKMT NETWORKで出版しよう

KMT NETWORK 広告

■-本記事のブログテーマはこちら

長年受け継がれる日本車DNA!ランドクルーザー200系を知ろう

今回のブログ記事は『情報・趣味』についての記事になります。(完全に趣味的記事になります。お付き合いくださいませ)

ところで、今回の主役ですが、、、

TOYOTA様より画像をお借りしました

TOYOTA ランドクルーザー 200系

ランドクルーザー。それは、日本を代表する車種です。

未だ、300系の納期は一年どころか4年待ちなんて噂もあり、転売が横行しているという事態にまで発展しています。

ところで、ランドクルーザーことランクルは、知っての通りの国産最高峰のSUVに分類される車になります。

そこで、国産最高峰SUVを拝まなければと思い、ディーラーへ!(もう200系の生産は終了しておりますが。。。)

しっかし、さすが「ランクル」です。(お値段も中々最高峰でした。)

新型の発表+発売もあり、世界がさらに注目しているランクル。折角なので、現行車で見積もりを取って来たので披露したいと思っております。

ということで、今回は、見積もりや選んだオプションについてご紹介いたします!

KMT NETWORK 広告

■第1章-TOYOTAランドクルーザー200系とは

日本が世界に誇るSUV!ランドクルーザーは車の王者だった

ランドクルーザーの知識をここで披露すると長くなるので、200系に焦点を当ててご紹介いたします。

ランドクルーザー200系は、それまでのランクル100系の後継モデルとして、2007年に発売が開始されました。

そしてランクル200系は、2015年に2度目のマイナーチェンジを受け、デザインの一新と安全装備の強化が実施されていました。

そして、現在は300系ランドクルーザーとなり、まだまだ進化を続ける車なのです。

ちなみに、ランドクルーザーがキング・オブ・SUVと言われる理由には、歴史や性能だけでなく、その車体サイズなどにもあります。

寸法部位寸法
■全高1,870mm~1,880mm
■全幅1,980mm
■全長4,950mm
■ホイールベース2,850mm
ランドクルーザー200系
TOYOTA様より画像をお借りしました

こう見てもかなり迫力のあるボディサイズであり、日本の道路環境では少しストレスになるシーンも多いかと思います。

ですが、最近の国産車は昔と比べれば非常に大柄になってますので、あまり気にする必要は無いかと思います。

と、軽く簡単な紹介をしてみました。

■第2章-見積りを取ったらさらにイカつい車だった

日本が世界に誇るSUV!ランドクルーザーは車の王者だった

見た目のインパクトも凄いですが、お値段もかなりのインパクトの強い車でした。

見積もり上のお支払い総額。。。。。

¥9,190,740

という結果となりました。(たけぇ、でも欲しい)

ちなみに内訳ですが、

車種グレードは、ZXの¥6,974,000にオプションが¥1,812,800で、そこに諸費用¥403,940で、この値段です。

ただし、買う時も高いが売るときもピカ一に高い値段が付きやすいのがランドクルーザーの強みです。

そのリセール率も加味して「オプション」選びをした結果が、この値段となったわけです。

では、どのようなオプションを選んだのか。少し詳しく見ていきましょう。

■第3章-ランドクルーザー200系ZXをベースに付けたオプション

日本が世界に誇るSUV!ランドクルーザーは車の王者だった

まずは、内装からです。

プレミアムナッパ本革シート(色はブラウン)その他各所に本革仕様、ルーフはブラックにしました。

なぜこの組み合わせなのか。この色合いの組み合わせは、ZXしか選べません。また、CX-8の内装色一緒だったという事が選定理由です。

TOYOTA様より画像をお借りしました

上記写真は、プレミアムナッパ本革シートを内装に選んだ際の写真です。どこかシックで落ち着いた内装になるようにチョイスしました。

そして、下部写真は、タイヤ+ホイールです。(写真は純正ホイール装着車)

TOYOTA様より画像をお借りしました

実際に18インチ化にすると「¥80,000」ほどの値引きが出来ますが、営業マン曰く「純正20インチを売った方が高く売れる」ということだったので付けました。

ただ、みて分かるように「カスタムホイールに変更」される方が多いのでどちらでも良いかもしれません。

そして、ここからはメーカーオプションにバトンタッチします。

こちらのオプション、

✔️リセールに影響するものばかり

となっておりますので、参考にしてください。

メーカーオプション名値段
■ホワイトパールクリスタルシャイン(上記画像のボディ色)¥33,000
■ヘッドランプクリーナー¥11,000
■リヤシートエンターテイメントシステム¥150,700
■パワーバックドア¥110,000
■ルーフレール¥33,000
■マルチテレインモニター(4カメラ)¥84,700
■クールボックス¥71,500
■ブラインドスポットモニター/リヤクロストラフィックアラート¥11,000
■T-CONNECT SDナビゲーションシステム(18スピーカー)¥691,900
■寒冷地仕様¥17,600
見積書より抜粋

✔️メーカーオプション合計金額=¥1,214,400

というお値段になりました。(TOYOTAはオプションが多すぎる)

上記の表で表記したオプションは付けておいても損はしないと思います。是非、ご購入参考にしていただければ幸いです。

また、メーカーオプションは、車輛制作時に取り付けることが出来るオプションです。(納車後の取り付けは不可能に近いです)

お金持ちなら「フルオプション」が良いのですが、少しでも安く乗りたい方は「しっかりと選ぶ」これに限ります。

付属オプション(ドラレコやフロアマットなどのカスタムが非常に簡単なモノ)は後から付けれますので「後から欲しくなれば付ける」これでいいかと思います。

いや、ドラレコは正直付けておいた方が良いです。絶対です。

TOYOTA様より画像をお借りしました

上記画像の「モデリスタ」は付けておいていいかと思われます。

いかついランクルがさらに引き締まり、圧倒的王者感が増しますし、なんだかゴツくなりますしオススメです。

■最終章-本記事のまとめ

お付き合い頂き、ありがとうございました

いかかでしたでしょうか。

買ったわけではないので維持費等は未知ですが、一生に一回は「所有したい」車の代表「ランドクルーザー200系」の見積りをお見せしました!

最新装備が導入されたランクルも随時更新してまいります。

お付き合いありがとうございました

ーKMT NETWORK-総合情報部ー


KMT NETWORK-広報部よりお知らせ

電子書籍制作・出版はKMT NETWORKにお任せ下さい

最近では、終活として自身の自伝を電子書籍で出版される方が大変多くなっております。ご家族、子どもやお孫さんなどに、何か残したい一心で、廃れること、無くなることのないデジタル作品を作りませんか。

また、就職案内用に自社紹介書籍として作成される方も大変多く、KMT NETWORKでも、多くの案件に対応させていただいております。

詳しくは、バナー画像、又は下部「多くの著者を世に創出する」よりお願い致します。

多くの著者を世に創出する-KMT NETWORK

KMT NETWORK-HPはこちらから

KMT NETWORK-HPに移動します

KMT NETWORK-Instagramはこちらから

KMT NETWORK-Instagramに移動します
最新情報をチェックしよう!
>KMT NETWORK Blog

KMT NETWORK Blog

様々なノウハウを様々な記事に

CTR IMG