Mazda CX-8を売却!3年落ち・5万キロの売却価格は!驚愕金額提示!

皆様、いつもブログ記事をご覧頂きほんまにありがとうございます。

KMT NETWORK代表のいもざむらいです。

今回の記事は、YouTubeにも投稿したのですが、Mazda CX-8を売却することになりました。

結論から言うと、売却額は

¥2,725,000

といった金額で売却することが出来たわけです。

勿論、売却をする!だけじゃ物足りなくなったので、Mazda地獄を吹き飛ばすべく、動画+ブログ記事として後世に残そうという訳で、本記事を制作致しました。

果たして!いくらで車を売却出来たのか!?驚異の金額争いについて詳しくご覧いただければ幸いです。


KMT NETWORK 広告

■3年落ち・5万キロCX-8の売却動画はこちら

本記事は、動画媒体でもテキスト媒体でも閲覧可能です。

KMT NETWORK 広告

なぜ、購入3年目にして売却することになったのか?

そもそも、なんで愛車をこんな急に手放すことになったんか?そこを知りたい方も多いかと思います。コロナ絡みではなく、本当に日常的な部分での出来事が原因です。

元々は集合住宅に居住してましたが、戸建て住宅に引っ越すことが急遽決まりました。その際に、家庭内に2台の車が存在していたわけですが、もう一台は新車で増車したばかり。しかし、次の居住箇所は車を一台駐車するスペースしかないわけです。

ほならしゃーない。3年という月日が経った車を売却しようと言うことでMazda CX-8を手放すといった話で事が進んだわけです。

そりゃ正直、売る気なんて全くなかったわけですが、仕方がない事。私も残債を払える時に一括清算するべきでした。

私の購入方法は、残価設定クレジットでの購入をしていたのですが、これがまたまたメーカーの思う壺!少し手を抜けば恐ろしい結果になっていたことだと思います。

今回は、愛車を手放す時に損をしない様に記事を作っておりますので、是非読み進めてみてください。


KMT NETWORK 広告

■売却をしたMazda CX-8のスペック

売却したMazda CX-8は以下のとおりのスペックでした。(めっちゃ簡易的です)そして、これらが査定に響いてくることもお忘れなく。

■メーカーMazda
■車種CX-8
■年式2017年式
■売却時走行距離4万9678㎞
■グレード2.2XD Lパッケージ
■駆動方式FF
■エンジン2.2リッターディーゼルターボ
■購入方法残価クレジット設定5年プラン
■購入金額480万円
■所有期間3年0カ月
■その他特記事項売却時に車検Max2年付+タイヤ新品交換にしての売却
おおよそのデータはこれらが重視されるようだ
走行距離は49678㎞(3年での走行距離)

上記の項目がスペック表としても価値のある項目ではないかと思われるがいかがでしょうか。勿論、売却時に聞かれる項目として網羅したんですが、抜けていたらごめんなさいだ。

まず、絶対に調べられる項目として、走行距離やグレードなどの何事にも代えがたい部位的な部分は必ず聞かれる項目です。

こうやって一覧を見て頂くと、グレードは一番の上のグレードを購入したが、走行距離でなんか怪しい感じがすると思われるのが一般的でしょう。勿論、いくらマツダの洗礼されたディーゼルエンジンを積んでいたからと言って、5万キロは5万キロに変わりはありません。そういった部分は少し減点対象でしたが、表の最後あたりに注目ください。

売却時に車検Max2年と、新品の高性能タイヤを履き替えたことによる加点がされておりました。(いや普通に自分がアピールしました)

状態も良く、メンテナンスも怠っていなかった為、とても良好なコンディションでのCX-8売却。尚且つ、車検を通したばかりでタイヤも高性能なお高い新品タイヤを履いているのだから、走りに不満は全くないと思われますが?とアピールしたことを覚えております。(自分でも今思えば必死だったんだろうなとw)

■純正オプション+装備純正ナビゲーション+BOSEサウンドシステム+360度ビューモニター
■純正装備全方位センサー
■純正装備純正ナッパレザーシート(全席)
■純正装備運転席+助手席パワーシート
■純正オプション純正フロアマット
マツダの十八番!純正ナビゲーションシステムもしっかり装着済み
純正ナッパレザーシートも高額査定の重要な装備

そして、上記は車両に搭載されているオプションや純正装備の有無についてかなりしつこく聞かれました。最新のCX-8であれば上記+サンルーフの有無やナビのサイズなども聞かれる可能性がありますので、最初から高リセール率を狙うのであれば装着しておいても良いかも知れません。

実際にこれらが装備されていないと大幅な査定金額のマイナス提示がされることでしょう。

外装の傷なども全くない状態で、修理歴なども一切なし。勿論、部分的なカスタムパーツなども装着していましたが、大きな減点等もありませんでした。(一応写真貼っておきます。)

サムライプロデュースメッキパーツ装着済み
サムライプロデュースメッキパーツ装着済み
サムライプロデュースメッキパーツ装着済み
サムライプロデュースメッキパーツ装着済み
サムライプロデュースメッキパーツ装着済み
サムライプロデュースメッキパーツ装着済み

これらのパーツや、あまりにも逸脱したカスタムパーツは、査定時に減点対象になりかねないらしい。勿論、純正のエアロパーツであったとしても、次の買い手の層がぐっと減ってしまう恐れもあるからだろう。上記の写真のようなさりげないワンポイントカスタムは、大きな減点にも加点にもならないので好きなだけ購入して装着してみても良いかも。


■残価設定時のマツダの売却対応や査定額は?

車の購入は、関西マツダで購入し残価設定での購入をしました。車の所有者は「関西マツダ」となっており、クレジット会社は「マツダクレジット」となっておりました。

所有者は、購入したディーラーとなっておりましたので、一度お世話になった営業マンのもとへ査定にいったわけです。

CX-8の残債金額が¥2,340,000という金額が残っておりました。残価設定ローンを払いきる為には、これと同等の査定金額を提示してもらわないとダメという訳です。

しかし、マツダで査定をしてもらった結果は、

¥2,280,000

という価値しか出せませんという結果になったわけです。(うまい事出来てるでしょ?ディーラーが損をしない仕組みなのです)このままだと、

¥2,340,000¥2,280,000¥60,000

いや待っておかしくない??あなたのところで車検も通したし、なんならタイヤとかも一通り変えてますけど???なんていったところで何にも響かないわけです。ですので、マツダにバカ正直に車を渡すと、六万円も追い金で払わないとダメな計算になるわけです。

ここで納得いかない点が2点フツフツと湧いてきたわけです。(動画内でしっかり言っております)

最初は、手続きとかも面倒だし、追い金をしようかと思いましたがあることを思い出したわけです。バイクの売却時にも使ったあのサービスです。何かといいますと。

一括査定

これしかないと思ったわけですね。これが結果かなり良い方に進むことになるなんて当時の私は思いませんでした。(半ば気持ちはかなり折れていましたw)


■一括査定でCX-8の査定をしてもらった

ディーラーでの査定や、残債の完済などの説明を受けた後に、速攻でスマホから一括査定予約サイトを利用したわけですが、相変わらず凄い事凄いこと。入力した瞬間に電話鳴りまくりです。

結果的に集まった7社ほどにアポイントを取り、翌日に同時で査定会を行うことにしました。集まった7社(オートバックス・カーチス・ユーポス・ビッグモーター・ガリバー・ネクステージ・アップル)など関西や全国を拠点とする有名店が勢揃い!約、2時間ほどで査定や車の状態チェックが終了したわけです。

結果は翌日の午前10時以降に各社電話連絡をするということで、正直マツダと変わらん金額を提示してくるのだろうと考えておりました。だって、相場がありますもんね?そこで大きな差になればディーラーはカスだと言うことになりかねません。

しかし、ここで大きく査定の話が進展したわけです。

買取業者名査定金額(1回目/2回目)
オートバックス¥2,500,000/¥2,725,000
アップル¥2,450,000
ネクステージ¥2,500,000
ユーポス¥2,400,000
BIGMOTOR¥2,500,000
株式会社カーチス¥2,700,000
TAX¥2,400,000/¥2,600,000
関西マツダ¥2,280,000
Gulliverオンライン査定の為取引中止
査定金額早見表

上記のように、各社正規ディーラーよりも高額提示をして頂けたのです。第一報はカーチスが一番目に査定金額を提示。その後に各社続くようにして連絡があり、オートバックスとカーチスが争う感じとなりました。

両者横並びの¥2,700,000という金額まで持ち込みましたが、オートバックスの営業マンさんが気を利かし、+金額上乗せで、オートバックスにて売却することとなったわけです。

このように、正規ディーラーだけの査定で売却していれば、確実に損をしていたに違いなと改めて実感。ブログ記事を執筆しながら、なぜか冷や汗が出るぐらいの衝撃です。これが、動画でも申していたように「一括査定」を使いましょうという意味です。

動画内では、運転中ということもあり、「労力を惜しんだ結果」などど発言してますが、正しくは「労力を費やした結果」いい方向に物事が進んだということです。


■最後に、車を手放した今の気持ち

正直、この車には感謝しかない。新卒で買った一番目の車がマツダCX-8で本当に良かったと感じるし、恐らく、また新卒で買う車は何?と聞かれたら間違いなくマツダCX-8と答えるであろうと思う。

それだけ長距離も走ったし、通勤にも使ったし、思い出作りは本当にたくさんさせてもらった。最後に、洗車してガソリンも満タンにして旅立ちを見届けたかったけど、そこまで時間も余裕もなく出来なかったのを後悔している自分が居る。本当に良い愛車に巡り合えたなと思いました。

また会おう相棒!

■KMT NETWORKよりお知らせ

KMT NETWORKでは、YouTube+ブログでの情報発信以外にも、様々な事業を展開しております。詳しくは、公式HPや各バナーをクリックして頂き、ご覧頂ければ幸いです。

公式LINEなども配信+運営中でございます。是非追加して、あなたも電子書籍制作者になろう!

最新情報をチェックしよう!
>KMT NETWORK Blog

KMT NETWORK Blog

様々なノウハウを様々な記事に

CTR IMG