Mazda3シグネチャースタイルを観てきた!Mazdaが出した次世代車とは?~内装編~

皆様、いつもありがとうございます。

KMT NETWORKのいもざむらいです。

KMT NETWORK

今回の記事は、前回に続きMazda3ファストバック シグネチャースタイルを見学してきた様子を記事にしていきます。

Mazda3 ファストバック シグネチャースタイル

前回の記事は、外装編!でしたが今回は、内装編!になります。

早速行きましょう!

KMT NETWORK 広告

Mazda3 ファストバックの内装【シグネチャースタイル】

Mazdaといえば日本車には無い室内デザインを採用していることで徐々に知られておりますが、今回の新世代商品群も改良を重ねた室内空間を採用しています。

ゴチャゴチャせず、必要最低限の機能とシンプルな内装デザインとすることで静かな高級感が漂う室内空間となっておりました。

このようにナビ画面であるセンターモニターも横に大きくすることにより、2グレード上の車を思わせるディスプレイの採用をしておりました。

ナビ画面の解像度も上がり、広範囲に渡って必要な情報や視覚的にもわかりやすいナビ画面になっておりました。

もちろんバックモニターのカメラの解像度も上がりさらに死角を減らす努力が見られました。

ただこのナビ画面の配置は好き嫌いが分かれるところで、後付けナビ感が否めないという方がいられるのも事実。

ただMazdaの考えるこの配置は運転中の視線移動を少なくする働きがあるみたいです。

そのディスプレイの丁度真下。直線的に降りたところに空調調節のダイヤル、ハザードスイッチやハンドルヒーターなどが設置されています。

各スイッチの押し心地は他の日本車メーカーを圧倒しております。

また直感的に分かりやすい配置とシンプルなデザインが好印象を持てました。

またさらに下部にはCD・DVDプレーヤーが備えられています。USBポートも完備でした。

そのまま目線を下に向けていくと、シフトノブなどが集まるセンターコンソールが見えてきます。

このクラスの車じゃなかなか無いセンターコンソールの重厚感があり本当に高級車です。

今じゃ当たり前になってきているAUTO HOLD機能や電動パーキングのスイッチもしっかりと装着されていました。

先ほどのセンターディスプレイの操作をこのセンターコンソール上で出来るので慣れれば運転しながら操作可能です。(おススメはしません)

ちなみに、隣に人をのっけた時はボリューム調整と真ん中の大きいダイヤル操作を間違われます。

ちなみに、助手席と運転席もしっかりとこのセンターコンソールを起点に分かれていますので優雅にドライブを楽しむことが出来ます。

またピアノブラックがさらに高級感を引きだたせています。

奥の開閉部はドリンクホルダーになっております。

そして大きく進化した点でもあるコクピット部。デジタルメーターが採用されさらに近未来の車を思わせる機能性が備えてありました。

外国車のようなフル液晶なものではなく、必要な部分だけ液晶にすることにより、メーター周りの視覚情報量もきちんと纏められておりました。

もちろんこのグレードは本革仕様になっておりハンドルを握ればその握り心地に驚くことでしょう。どこまでも運転したくなる車内空間にマッチした素材が味わえます。

そして、各スイッチが装備されており、右側がオートクルーズ機能、左がメニュー画面の表示切替やハンズフリー対応スイッチなどが完備されておりました。

写真がブレていて申し訳ありません。何が伝えたいのかというとステッチの仕上げなどを伝えたかったのですが、興奮のあまり写真がぼけてしまいました。

運転席ドア側には、各種スイッチがあり上段のメッキデザイン部が車の各機能を操作するスイッチがついてありました。

その下には、シートメモリー機能があり、2名分までシート位置の設定が出来ちゃう優れものです。

ちなみにシートはすべて電動タイプの調整方法です。(運転席と助手席のみ)

その下のコインケース部には、オプションのETC車載キットなどが収まるスペースになっていました。

後部座席はお世辞にも広いスペースとはいえません。ですがこのデザインでサイズから見るとかなり考えられて作られた空間だとわかります。

別に車に大きな居住空間を求めなければ全然良いと思いました。

ラゲッジスペースは十分ありました。週末の買い物やちょっとした荷物を積みたい欲求に駆られても全然大丈夫です。

ゴルフに趣味で行く方も旅行に行く方も荷物は気にしないぐらい乗ります。

このデザインでこのラゲッジスペース容量は本当にたいしたものです。さすがマツダといったところか??(何様問題)

KMT NETWORK 広告

Mazdaの本気を見れた今回の見学会でした

なんといってもこれがスマートキーなんです。驚きです。もうボルボやんと。こんだけシンプルなのに存在感のあるかカギはなかなかありません。

オプションには車のカラーと一緒のキーケース?的なものが選べたはずです。

ちなみに横にあるスイッチが開閉スイッチとのことです。うんさすがです。

正直フラッグシップ群が本当に負けているなと感じた今回の新世代商品群見学会。これからすべての車種でこのクオリティになるなら本当に恐ろしいものです。

最後はアイスコーヒーを頂き帰宅しました。

ありがとうございました。

いつも読んで頂きありがとうございます
KMT NETWORK 広告

KMT NETWORKのブログ更新情報、新書籍の販売をいち早くお届けする!各アカウントのお知らせ!

こんにちは。当ブログ運営をしている「いもざむらい」と申します。

当記事をご覧になって頂いた皆様、ありがとうございます!

この度、KMT NETWORKのLINEアカウントを開設致しました!(LINEアカウント追加フォームに飛びます)

こちらよりLINE追加出来ます!

当ブログの記事更新情報やおすすめ商品の紹介、また電子書籍の新発売などの情報をタイムリーに配信!

その他にも、ビジネスで結果を残してきたノウハウも一緒に配信しています

稼ぐ情報、優良セミナーや買って良かった物はファンの皆様に即共有!

是非ご利用・ご活用ください!

また、電子書籍の出版をしたい!という方はこちらよりご依頼お待ちしております!(ココナラのサイトに飛びます)

ココナラにて出品中!当HP出来次第移行予定

また、Twitterアカウントも毎日更新中です!(Twitter ホーム画面に飛びます)

是非フォローや友達追加して頂けると嬉しいです!!

今後とも宜しくお願い致します!

最新情報をチェックしよう!
>KMT NETWORK Blog

KMT NETWORK Blog

様々なノウハウを様々な記事に

CTR IMG